2020年09月30日

ジャイアンツ・ゲーミング、スペインのeスポーツチーム「x6tence」を買収

ボーダフォン・ジャイアンツの親会社であるジャイアンツ・ゲーミング・eスポーツは、2004年に設立されたスペインのeスポーツチーム「x6tence」を買収したと発表した。買収額は明らかにされていない。THE ESPORTS OBSERVERが2日伝えた

今回の買収は、先月の330万ドルの投資に続き、ジャイアンツ・ゲーミングが2020年に実施した複数の戦略的なビジネス取引のうちの1つだ。同社はスポーツ用品会社のNike、スペインの菓子メーカーChupa Chups、ダノンの水ブランドFont Vellaなどのブランドと複数のスポンサー契約を結んでいる。

ジャイアンツ・ゲーミングは、チームの経営陣とカウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)のロスターをオンボードすることで、x6tenceを会社組織に統合する計画だ。ジャイアンツ・ゲーミングによると、同組織は現在90人の従業員を抱えており、そのうち70%が選手とコーチングスタッフとなっている。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。