2020年09月28日

リーグ・オブ・レジェンド、Getty Imagesをグローバルイベントの公式写真・画像配信者に指名

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)のパブリッシャーであるRiot Gamesは、ビジュアルコミュニケーション会社のGetty Imagesが、世界選手権、ミッドシーズンインビテーショナル、オールスターイベントを含むリーグ・オブ・レジェンドのグローバルなeスポーツイベントの公式写真画像・配信パートナーとなることを発表した。THE ESPORTS OBSERVERが13日伝えた

この契約の一環として、Getty Imagesは2024年までの間、リーグ・オブ・レジェンドのグローバルなeスポーツイベントのすべての写真とライセンスのリクエストを促進する。このパートナーシップは、今秋の2020年世界選手権から開始する。

さらに、2011年と2016年に開催された史上初の世界選手権(Worlds)など、リーグ・オブ・レジェンドの世界イベントの過去の画像もライセンスを受けることができるようになる。

Getty Imagesは、世界中のプロスポーツリーグやスポーツ団体と提携している。現在、Getty Imagesは、PGAツアー、FIFA、国際オリンピック委員会、国際クリケット評議会、メジャーリーグ野球、UEFA、全米ホッケーリーグ、NASCAR、PGA of America、NBA、全米大学体育協会、マンチェスター・ユナイテッド、FCバイエルン・ミュンヘン、アルティメットファイティングチャンピオンシップなど、80以上のスポーツ統括団体、リーグ、クラブのオフィシャルフォトグラファーまたは写真パートナーを務めている。

Getty Imagesと提携しているその他のeスポーツリーグには、女子のシミュレーションリーグであるWシリーズ選手権や、レースゲーム「グランツーリスモ」シリーズのパブリッシャーであるポリフォニー・デジタル社などがある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。