2020年07月04日

【LoL 】LEC 「 G2 対 Origen 」の試合を40万9000人視聴で現時点の最高視聴率獲得

esports

2020 リーグ・オブ・レジェンド・ヨーロピアン・チャンピオンシップ(League of Legends European Championship、LEC) Spring Splitが開幕し2週間、2月1日と2日はアクション満載の週末だった。Esports Chartsによると、G2 Esports対Origenの試合は、ピークで40万9000人以上が視聴し、最高視聴者数を獲得した。DOT ESPORTSが2日伝えた

LECにおけるこの数字は、シーズンで最も予想された対戦の1つであったため、十分に筋が通る。 Origenは、スローで制御されたプレイスタイルで、ヨーロッパで最高のチームの1つのようだ。一方、G2 Esportsは、ウィーク1では初期の試合で少しプレーが不安定に見えた。

G2 Esportsは、ルブランでスーパースターのミッドレーナーのLuka “Perkz” Perkovićによる印象的なパフォーマンスによってOrigenを支配した。G2 Esportsは、マクロとチームファイティングの技量を備えたマスタークラスで勝利を掴み取り、彼らのチームに疑いのある人の考えを変えた。

昨年のSpring Splitと比較すると、視聴者数が今回のピークを超えた試合は2試合のみで、両方ともプレーオフ中だった。 2019年Spring Split決勝の視聴者数のピークは47万7000で、Fnatic対Origenのプレーオフマッチアップの視聴者数のピークは45万1000人だった。

一方、北米リーグの2020 LCS Spring Splitのピーク視聴率は、現在までLECの記録に近づいていない。36万6000人が視聴したウィーク1のTSM対Immortalsの試合がLCSの最高視聴率となっており、その他の視聴率の試合はすべて30万人未満だった。

来週には、G2 Esportsは再びFnaticと対戦する。この試合も高視聴率をただき出すことに疑いはない。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。