2020年09月29日

LECプレーオフ、G2対Fnaticのピーク視聴者数は90万人

esports

eスポーツプロチームG2 EsportsとFnaticの間で行われたアッパーブラケット決勝LECプレーオフの試合は、5ゲームの大接戦に終わり、ピーク時には約90万人の同時視聴者を集めた。WIN.ggが伝えた。

Echartsによると、このシリーズは、リーグ・オブ・レジェンドのファンの間でリーグがいかに人気のあるものになっているかを示している、オールタイムのLEC&EU LCSの視聴者数の記録だ。ピーク時の視聴者数はユニーク視聴者数89万8643人に達している。2020年のLECサマースプリット期間中の平均視聴者数は27万人だった。それに比べて、2020年のLCSサマースプリットの平均視聴者数は17万5000人だ。

視聴者のほとんどはTwitchからのもので、5つの接戦の間、ストリームは617万7000人のユニーク視聴者でピークを迎えた。Twitch以外にも、他のストリームでの視聴者数は69万6000人でピークを迎え、特にYouTubeでの視聴者が多かった。

ファンは幸運にも5試合すべて行ったシリーズを手に入れることができたが、それは視聴者数でも明らかだった。実際には、ピーク視聴者数はプレーされたゲームごとに増加し、最高のピークはゲーム5で来ている。

ゲーム 1 – ピーク視聴者数56万1000人
ゲーム2 – ピーク視聴者数66万3000人
ゲーム3 – ピーク視聴者数71万8000人
ゲーム4 – ピーク視聴者数73万5000人
ゲーム5 – ピーク視聴者数89万9000人

9月6日には2020年LECサマースプリット決勝戦が行われるが、また記録を更新する可能性がありそうだ。
2019年のLECサマースプリット準決勝は49万5000人のピーク視聴者数を、決勝は82万4000人のピーク視聴者数を記録した。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。