2020年09月29日

コール オブ デューティ リーグ、来季から4対4に移行

コール オブ デューティ eスポーツが大きく変わる。CoDリーグはシーズン2に4対4のゲームプレイに切り替えると発表した。DOT ESPORTSが31日伝えた。

CoDeスポーツは長年にわたり4対4だったが、2019年シーズンの開幕前に5対5への変更を行った。過去2年間、5人制のスターティングロスターを中心にチームが構築されてきたため、この動きは多くのCDLフランチャイズに多大な波及効果をもたらすことになるだろう。

例えば、CDLチャンピオンのダラス・エンパイアは、2021年に5人のスター選手のうち、どの選手が先発しないかを選択しなければならなくなるだろう。それはそれらのすべてを考慮して、彼らのプレー時間と今年のロスターのスポットを獲得することは困難な決定だ。

CDLコミッショナーのジョアンナ・ファリーズ氏は次のように語った。
「今日、私たちは、シーズン2ではチームあたり4人のスターターサイズに移行することを発表しました。これは一種のルーツへの回帰を意味します。この決定は、チームや選手との密接なコラボレーションで行われており、軽々しく決定されたものではありません。私たちは、この移行は、プロマニアとアマチュアの両方のプレーヤーに、ロスターマニアシーズンが近づいているという新しい意味合いをもたらすこともわかっています。オフシーズンには、マップ、モード、フォーマット、スケジュールなどの詳細を含め、2021年シーズンの計画について、より多くのニュースをお伝えしていきます。」

この動きは、リーグ創設時の12の組織に加え、いくつかの拡張チームが追加される可能性もあるが、ESPN Esportsは2021年シーズンまでに新たなチームが追加されることはないと報じている。

また、2021年シーズンのCDLでは14日契約、2ウェイ契約、フリーエージェンシーが導入される。9月14日から2021シーズンがスタートし、契約を結んでいない選手はフリーエージェントとなり、どのチームとも自由に契約できるようになる。

コール オブ デューティの次期タイトル「Black Ops Cold War」は11月13日に発売される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。