2020年09月28日

マニラのカジノ、限定的に再営業許可

philippines

メルコ・インターナショナル・デベロップメントは、シティ・オブ・ドリームス・マニラが8月24日から限定的に再営業することを許可されたと発表し、この方針は地域の他のカジノにも適用されることを明らかにした。Asia Gaming Briefが31日伝えた

同社の声明は以下の通りだ。
「2020年8月19日、メトロマニラは一般コミュニティ検疫下に置かれ、シティ・オブ・ドリームス・マニラは、2020年6月に開始された以前のドライラン/トライアルランの再開が許可されました。2020年8月24日、フィリピン政府は、一般コミュニティ検疫の対象地域にあるPAGCORライセンスのカジノを30%の運営能力で運営することを許可しました。シティ・オブ・ドリームス・マニラは、この新しいガイドラインの条件に従って、通常営業の再開に向けて準備を進めています。」

この情報はPAGCORからは発表されていない。

メルコ・インターナショナル・デベロップメントの今回の発表は、2020年上半期の中間決算報告書の一部として行われた。

同社は前年同期比65.6%減の76億8000万香港ドル(約1046億9000万円)の純収入を記録した。減益の理由については「純収益の減少は、主にコロナウイルスの大流行により、カジノおよびホスピタリティ事業の業績が低迷し、一時的なカジノの閉鎖やインバウンド観光の大幅な減少を招いたことに起因しています。」と述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。