2024年03月05日

フロリダのメガミリオンズプレイヤー、史上最高額の15億8000万ドルのジャックポットを獲得

メガミリオンズコンソーシアムは、フロリダ州で販売された8月8日の抽選チケットが最高賞金を当てたと発表した。これまで31回の抽選で6つの当選番号すべてに一致するチケットが出ていなかった。Casino.orgが伝えた

ジョージア州宝くじ社の社長兼CEOで、メガミリオンズコンソーシアムのディレクターでもあるグレッチェン・コービン氏は、「フロリダ州宝くじ、おめでとう。火曜日のメガミリオンズ抽選で15億8000万ドル(約2275億円)のジャックポット当選チケットを販売した。新たなジャックポット当選者を祝うとともに、このジャックポット期間中に全賞金レベルでの当選者4370万人以上をお祝いする」と話した。

昨夜の当選番号は13、19、20、32、33で、ゴールドのメガボールは14だった。メガミリオンズからのリリースによれば、コンソーシアムは昨夜の抽選の最終数字をまだ集計中だが、ジャックポットの金額が正式に決定次第、新記録を樹立する可能性が高いとのことだ。メガミリオンズの過去最高のジャックポットは、2018年10月に南カロライナ州で販売された単一のチケットが獲得した15億3700万ドルだった。

8月8日のメガミリオンズのジャックポットは、米国史上3番目に高額な賞金となる。トップ2はパワーボールが保持しており、昨年11月にカリフォルニア州のプレーヤーが獲得した20億4000万ドルと、2016年1月にカリフォルニア州、フロリダ州、テネシー州で販売されたチケットが獲得した15億8600万ドルだ。

メガミリオンズの代表者は、最終的なジャックポットの提供額を30年間の年金に基づいて計算している。もし当選者が宣伝されたジャックポットの全額を選択すれば、年金は米国財務省が支える債券のポートフォリオに基づく。連邦政府がインフレを緩和しようと利率を引き上げ続ける中、メガミリオンズとパワーボールの年金型ジャックポットは、連邦利率がほぼゼロだった時よりも価値が急速に上昇している。

昨夜の当選チケットは、ジャクソンビルの東約15マイル、ネプチューンビーチのアトランティックブルバード630のパブリックス食料品店で販売された。当選者は、30年間にわたって支払われる15億8000万ドルの年金か、一度に約7億8330ドルの現金オプションを選択する必要がある。

これらの賞金は、国家のトップイヤーナーに対して連邦政府が課す37%の税金を引いた額である。フロリダ州は、宝くじの当選金を個人所得とは見なさない8州のうちの1つである。したがって、サンシャインステートでの宝くじの当選金は州税の対象とならない。

昨夜の当選者は、ジャックポットを当てるための3億2500分の1の確率を克服しただけでなく、当選金が税金非課税のフロリダ州で人生を変えるチケットを購入する幸運もあった。もしチケットが隣接するジョージア州で購入されていたら、同州の5.75%の州税が現金オプションを4億5000万ドル減らしていた可能性がある。

他の当選者 8月8日のメガミリオンズ抽選では、700万枚以上のチケットが当選し、ほとんどがゲームの最小賞金2ドルを獲得した。しかし、ジャックポットに加えて、他の7枚のチケットが白いボール5個に一致し、ゴールドのメガボールには一致しなかったため、ゲームの第二位の賞金100万ドルを獲得した。そのうちの2枚のチケットは、フロリダ州とノースカロライナ州で販売され、オプションの1ドルの追加メガプライヤーを購入していたため、昨夜のメガプライヤーが2xになった後、その当選金を200万ドルに倍増させた。

シェアする