2020年09月29日

FLASHPOINT主催者のB Site、イグニッションシリーズのイベントでVALORANTに進出

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)のFLASHPOINTリーグを運営するB Siteは、Riot GamesのVALORANTの最初のイベントを開催すると発表した。ESPORTS INSIDERが12日伝えた

主催者は、2020年の北米VALORANTイグニッションシリーズの最後のイベントであるPop Flashの開催を決定。オンライン大会は8月26日~30日に開催される。

Bサイトのブランド担当副社長Christopher “MonteCristo” Mykles氏はリリースで次のように述べている。
「Pop Flashと共にVALORANT イグニッションシリーズに参加できることに興奮しています。B Siteは、持続可能性と将来の成功のための基準を設定する方法で、ブランドの新しい世界的なeスポーツの基礎を築くお手伝いができることを光栄に思います。プロチームの組織は、この新しい分野での足場を見つけ始めたばかりであり、今回のようなイベントは、選手募集やチーム開発のための重要な足がかりとなるでしょう。」

このコンテストの賞金総額は5万ドル(約530万円)で、B Siteの創業パートナー5社が参加している。Cloud9、Dignitas、Gen.G、Immortals、Team Envyの5社だ。他の3つの競合チームは、Team SoloMid、Sentinels、T1だ。

VALORANTは、6月のフルリリースに向けて4月にベータ版が開始されましたが、イグニッションシリーズ以上の正式な継続的なeスポーツ体制はまだ整っていない。しかし、多くの著名なeスポーツ組織が、チームベースのシューティングゲームの大規模なプッシュを期待して、VALORANTのチームやプレイヤーと契約を結んでいる。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。