2020年07月10日

Dota 2ファンが8ビットのDota 2ゲーム「DOTA-8」を作成!ブラウザでプレイ可能

eスポーツイベント

Dota 2 がゲームボーイでどんな風になるのか気になったことはあるだろうか?とあるファンが ブラウザでプレイできる8ビットの Dota 2 ゲームを作成した。DOT ESPORTSが1日伝えた

PICO-8はバーチャルファンタジーコンソールソフトウェアで、8ビットのゲームを自由に作ったり編集したりすることができる。

DOTA-8, an 8-bit Dota 2 de-make you can play in a few minutes within your browser! from r/DotA2


(Dota 2の8ビットのデメイクDOTA-8は、お使いのブラウザ内で数分でプレイできます!)

「DOTA-8」と名付けられたこのゲームは、従来の Dota 2ゲームの 3 レーンのセットアップをシミュレートしている。プレイヤーは一緒にプレイしたい5人のヒーローを選び、各レーンに送り込んでクリープや相手のヒーローと戦う。

ヒーローは矢印キーで移動させる。ZキーとXキーでそれぞれ第一スキルと第二スキルを発動させながら、ヒーローはお互いに触れるだけで自動的に攻撃する。目標はエンシェントを倒すことではなく、相手側の3つの塔をすべて破壊することだ。

制作者は「このゲームにバランスが取れているわけがない」と前置きし、各マッチは数分で終了するとしている。Dota 2 のヒーローたちがスキルセット、スタッツ、タレントのバランスが取れているが、DOTA-8 のヒーローたちが大きく異なるのも不思議ではない。

しかし、それはそれで楽しいもので、時間をかけずに試合をしたいときには、Dota 2 の代わりになるかもしれない。「DOTA-8 」はここからプレイできる。(※インストラクションは英語です)

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。