2021年10月21日

中国Dota 2プロElephant、ゴールドアドバンテージの記録を更新

中国のDota 2 プロチームであるElephantは、中国 Dota 2 プロカップ シーズン2の下位ブラケット決勝で、EHOMEとのエリミネーションゲームで、14万4000ゴールド以上を保持して勝利、純資産のアドバンテージ記録を更新した。DOT ESPORTSが伝えた

Elephantは80分間のゲームを終始リードし、26万8000以上の純資産を蓄積した。これはEHOMEの他チームの資金にも十分な額であり、EHOMEの純資産は12万4000ドルにとどまっていた。

この14万4000ドルの差は、9月にHavan Libertyが獲得した9万3000ドルの記録を更新したことになる。

信じられないほど一方的なゲームを示唆するゴールドのアドバンテージがにもかかわらず、EHOMEは勇敢な復活を目指して全力を尽くした。Elephantのドラフトではナイトストーカーのキャリーとネイチャーズプロフェットのキャリーでゲーム中盤のテンポを重視していたが、EHOMEは雪だるま式のバルキーなラインアップで急遽タートルへの道を探った。

Elephantのラインナップは有利な状況を確保するためにうまく機能した。しかし、EHOMEの高台を突破することには細心の注意が払われていた。その代わりにマップ全体をコントロールして相手の息の根を止めようとした。ElephantはPirate Hatを発見し、BOUNTY RUNEを掘り続けることに成功した。

EHOMEのシールドはいつまでも使えるわけではなかった。基地内に囲まれて戦うことになるため、一歩間違えればダメージを受けることになる。80分間の戦いの末、Elephanがついに突破口を見つけ、EHOMEの優勝への望みは絶たれた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。