2021年10月21日

『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』のプレイヤー、スプリントファイアの遅延を無効化する方法発見

『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』のあるプレイヤーが、セムテックス装備した状態で走ることでスプリントファイアの遅延を無効にする方法を発見した。これにより、プレイヤーは即座に武器をヒップファイアすることができ、交戦で有利になる。DOT ESPORTSが伝えた

NEW TECH: Run with a semtex and gungho to shoot without sprint-fire delay from r/blackopscoldwar

そのプレイヤーはNuketown 84’で、敵を簡単に排除しながら走り回っているところを公開しエクスプロイトを示した。ガンホーパークを動作させるには装備する必要があり、プレイヤーはセムテックスグレネードを装備してグレネードボタンを押し続ける必要がある。プレイヤーはハードコアモードでボットと対戦していたため、実際の敵を倒すのは難しいだろう。しかし、それでも攻撃的なプレイヤーには有効な戦略だ。

プレイヤーはセムテックスグレネードの代わりにトマホークやモロトフなどの他のアイテムを使うことができるが、通常のフラッググレネードでは最終的に爆発するので効果はない。また、ほとんどの武器でも使用可能だが、ヒップファイアでは効果が薄いものもある。

この戦略の最大の欠点は、複数のアタッチメントが装備されていない限り、ほとんどの武器で腰撃ちがあまり正確でないことである。レーザーやその他のアタッチメントを装備することで精度の悪さを回避することは可能だが、遠距離の敵に命中させることは難しいだろう。

この戦略はより大きなマップには向かないかもしれないが、Nuketown 84’では簡単にキルするのに役立っている。Treyarchがこの戦略を可能にすることを意図していたかどうかは不明で、将来のアップデートで削除される可能性もある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。