2021年04月14日

ゲーミング企業DFNN、フィリピン初のオンラインカジノのライセンス取得

ゲーミングテクノロジー企業DFNNは、フィリピン国内で初めて、規制の枠組みで認められたオンラインカジノに認定され、ライセンスを取得した。DFNNは、inplay .phというURLでサービスを提供する。Asia Gaming Briefが伝えた

フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は、すでにフィリピンのオフショア・ゲーミング・オペレーター(POGO)として知られている海外でサービスを提供するオンラインゲーム会社を規制し、ホストしている。しかし、現地人へのサービス提供は禁止されており、フィリピン人のオンラインギャンブルへのアクセスは、フィリピンのeカフェのネットワークを介してのみとなっていた。

DFNNのCEOは最近のインタビューで、「オンライン化やモバイル化のニーズはかつてないほど高まっています。我々には、業界を前進させる革命になると信じているいくつかの取り組みがあります。」と語った

フィリピンは、適切な製品を手に入れることができれば、低コストのモバイルゲームで非常に有利な市場となる可能性があると見られている。DFNNは、フィリピン全土に約6313台のゲーム端末のネットワークを持っている。

POGOは非常に儲かるビジネスであることが証明されている。パンデミックが発生する前、PAGCORのアンドレア・ドミンゴ議長は、今年の収益は160億~180億ペソ(約35億〜39億円)で、2019年の3倍以上の収益を見込んでいた。

しかし、コロナウイルスのパンデミックにより、ビジネスを行うためのコストが上昇し、政府はより多くの税収を抽出しようとし、企業に耐えられない負担を課した結果、多くの企業が国を離れたり、または離れようとしたりしている。PAGCORのウェブサイトに登録されている55社のうち、コロナ後の事業再開が許可されているのは33社のみだ。

店舗型のカジノ部門もコロナで義務付けられた閉鎖や制限により、ほとんど収入がないため、PAGCORは財源を満たす方法を模索してきた。規制当局の収入の半分は、慈善事業や社会事業のために政府に送られている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。