2024年03月05日
北海道がIR誘致レースから離脱

米国初の大麻カジノ!? デトロイトの薬局が大麻ラウンジ開業予定

ミシガン州デトロイトの医療用マリファナ調剤薬局The Reefが、大麻ラウンジのライセンスを申請する計画を立てている。デトロイトでは今年に入り、娯楽用大麻が合法化された。Casino.orgが伝えた

The Reefでは、ブラックジャックテーブル1台、クラップステーブル1台、ルーレットテーブル1台、スロットマシン3台、プリンコマシン1台のカジノゲームを提供している。しかしゲームはお金では遊べないため、これらはギャンブルではない。ゲームで遊ぶには大麻製品を購入し、ゲームを起動するためのトークンをもらう必要がある。

The Reefの広報担当者は以下のように述べた。
「私たちのゲームは、実際にギャンブルをすることなく、ギャンブルの感覚を楽しめます。ドーピングとドーパミンの交差点のようなものです。」

デトロイトでは個人宅を除くあらゆる場所で大麻の消費はまだ違法だ。大麻ラウンジに関する規制は現在、市の大麻管理委員会が作成中という。The Reefは募集が始まったら大麻ラウンジのライセンスを申請する。
同社は今後数ヶ月のうちに、デトロイト地域の大麻カジノを3箇所に拡大し、100人を新規に雇用するという。

シェアする