2020年07月08日

eスポーツメディアDBLTAPの親会社Minute Media、グローバル展開に向け44億円の資金調達

esports

eスポーツメディアのDBLTAPの親会社であるMinute Mediaは26日、最新の資金調達ラウンドで4000万ドル(約43億6000万円)を確保したと発表した。調達した資金は、潜在的な買収や出版プラットフォームの改善など、Minute Mediaのグローバル展開を促進するのに使用する。ESPORTS INSIDERが27日伝えた

このラウンドはヨーロッパのソフトウェア投資家であるDawn Capitalが主導し、Minute Mediaが現在までに調達した総資金を1億6000万ドルに引き上げた。Minute Mediaは昨年、ファンダムに焦点を当てたエンターテイメントネットワークFanSidedとメディアプラットフォームThe Players ’Tribuneを買収している。

Minute Mediaの創設者兼CEOであるアーサフ・ペレド氏は、今回の資金調達について次のように語った。
「The Players ’Tribune、FanSided、The Big Leadの買収により、Minute Mediaはこの1年で急速な成長を遂げました。2020年の実績についても強気でいます。業界をリードする投資家から信頼を得て、強力なテクノロジーに根ざしたデジタル出版社を構築するというビジョンを推進できることに感謝しています。この資金調達ラウンドは、私たちのテクノロジープラットフォームへの投資を支援し、新しいデジタルブランドを買収ターゲットとして検討できるようにするものです」

Dawn Capitalは2019年6月に実施したMinute Mediaの最後の資金調達ラウンドにも貢献している。Minute Mediaのポートフォリオには、DBLTAP、FanSided、The Players ’Tribuneに加えて、90min、12Up、Mental Floss、Big Leadなどがある。

Dawn Capitalのゼネラルパートナーであるフーコン・オーバリ氏もコメントを出した。
「同社は、新しい世代のオンラインパブリッシングの主要なプレーヤーとして急速に地位を確立しており、クリエイターと視聴者の両方に力を与えています」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。