2024年5月22日
casino

バージニア州下院は火曜日、ピーターズバーグの住民がこの秋にカジノ住民投票に参加できるようにする法案を僅差で可決した。同法案は次にバージニア州上院に移る。Virginia Businessが伝えた

Del.Kim Taylor議員が提案したHB 1373は、下院本会議で49-44の票で可決された。
上院では類似の法案が先週上院財政歳出委員会で否決されている。

上院の法案は、ピーターズバーグの住民が投票する機会を得るまで、リッチモンドが再びカジノ住民投票を行うことを阻止するもので、近年破産寸前のピーターズバーグにとって「経済的自立」を意味すると、Taylor議員は火曜日の下院で述べた。
彼女は、ピーターズバーグの平均年収が約2万6000ドルであるのに対し、提案されているカジノでの仕事は年間6万ドル台であると指摘した。

ピーターズバーグ市議会議員は、2022年10月にボルチモアに本拠を置く商業不動産会社The Cordish Cos.と、Live!カジノ&ホテル・リゾートを開発するという約束に署名している。Cordishの関係者は、14億ドルを投じてカジノ、ホテル、駐車場を建設するほか、周辺の90エーカーの土地に多目的開発を行い、1800人の直接雇用を生み出すと見られている。

Cordishの最高執行責任者であるZed Smithは、火曜日の声明の中で、「我々は、ピーターズバーグの住民がより良い経済の未来に一歩近づいたことに興奮しています。我々は、この進展が有利に進み、経済的に困難な状況にあるピーターズバーグが住民投票を行うこと、14億ドルの変革、民間資金による開発について投票する機会を得られることを期待しています。」と述べた。