2024年04月24日
casino

カジノ運営Svenska Spel、23年第1四半期の売上高は19億7000万クローネ

Svenska Spelは、2023年第1四半期の収益が、前年同期比2%増の19億クローネだったと発表した。GAMBLING INSIDERが伝えた

4100万クローネの増加となった。中でもオンラインビジネスは8%の成長を遂げた。

営業利益は6億1200万クローネで前年同期比1700万クローネ増加。営業利益率は31%上昇した。

Svenska Spelの社長兼CEOであるPatrik Hofbauer氏は、今回の業績について次のように述べた。
「不透明な時代にあっても、私たちはお客様、オーナー、従業員、そしてスウェーデンのスポーツ界や社会全体のために、長期的な価値を創造し続けています。

私たちは、黒字を国庫に還流させ、スウェーデンのスポーツを支援することで、これを実現しています。また、持続可能で楽しいゲーム体験を提供することでもあります。」

Svenska Spelは2022年、収益が19億2000万クローネ、営業利益は5億9500万クローネで、2021年よりわずかに減少した。

Svenska Spelは最近、スウェーデンの広告法違反で有罪になった。
オンラインギャンブルの監督機関であるBOS(The Swedish Trade Association for Online Gambling)は、Svenska SpelがTV4(スウェーデンでは無料)で繰り返し放送しているコーナーで、ゲストが同社のケノやスクラッチカードの商品をプレイしているのを見た後、規制当局に苦情を申し入れた。

規制当局は、テレビで同社のゲームをプレイする人々を映し出すことで、Svenska Spelが消費者保護を提供せず、このセグメントが無料番組ではなく広告とみなされるべきで、法律に違反しているとBOSと合意している。

シェアする