2020年09月25日

火山噴火で閉鎖していた「カジノ・フィリピーノ・タガイタイ」3月16日に営業再開

philippines

カジノの監督兼オペレーターであるフィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は、火山の影響で一時閉鎖していた「カジノ・フィリピーノ・タガイタイ(Casino Filipino Tagaytay)」の営業を3月16日正午に再開すると発表した。また、3月19日には「グランド再開式」を開催し、ミュージカルショーやその他のエンターテイメントの催しをする。GGRAsiaが伝えた

タガイタイの町は、マニラ首都圏の南約67キロメートルのタール湖の北西海岸近くに位置している。1月12日、タール湖の島にあるタール火山が噴火し、カジノ・フィリピーノ・タガイタイの操業は1月に中断された。

噴火により火山灰は1.6キロメートル上空に上り、タールの島自体は厚い灰の層に覆われた。その後の報告によると、アッシュプルームは14キロにも達し、地球の大気の上層近くに届いた。
地元のメディアによると、風によってマニラにまで火山灰は送られた。この期間中、首都のカジノは何とか営業をし続けたが、マニラ国際空港を介した航空便が一時的に中断された。

PAGCORは一連の国営カジノを運営し、多くの民間セクターのカジノを監督している。PAGCORが運営する独自のカジノブランドは、「Casino Filipino」と呼ばれている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。