2022年12月06日

豪カジノCasino Canberra、年内に売却完了見込み

Casino Canberraを運営するAquis Entertainmentは、今年の第4四半期中に旗艦カジノ施設の売却の承認と完了を見込んでいると発表した。Asia Gaming Briefが伝えた

月曜日に提出された証券取引所の書類で、同グループは現在、「新たな事業機会の評価、負債の返済、株主への資金分配の可能性」など、取引から見込まれる収益について検討中であることを示した。

Casino Canberraの売却は9月中旬、開発・ホスピタリティ・グループのアイリス・キャピタルに6300万豪ドルで売却することが確認されていた。

この売却は、オーストラリアで唯一スロットマシンの設置が認められていない同カジノの入札合戦と、パンデミック関連の規制により、Aquisの支配株主である香港の銀行家Tony Fung氏が3300万豪ドルの融資を受けて、この守らなければならなかった一連の出来事に続くものだ。

Fung氏は2014年に600万豪ドルで初めてこの物件を取得していた。

シェアする