2020年10月21日

Call of Duty: Modern Warfare サバイバルモード、10月1日からXboxとPCでアクセス可に

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)のサバイバルモードが遂にプレイステーション4以外のプラットフォームにも登場する。Infinity Wardのシニアコミュニケーションマネージャーアシュトン・ウィリアムズ氏が、PCとXboxのプレイヤーが10月1日からサバイバルモードにアクセスできるようになることをツイッターで確認した。gamesradar+が伝えた

ウィリアムズ氏は、ファンに向けてモダン・ウォーフェア シーズン6のパッチノートを紹介。サバイバルモードは昨年のモダン・ウォーフェアのリリースと同時に開始されたが、PS4での独占モードだった。1年間の独占期間が終了した今、このモードはまもなく新しいプラットフォームでも利用できるようになる。

今週の木曜日にサバイバルモードを初めて体験することを期待しているなら、準備をしておいた方が良いだろう。このゲームモードでは、プレイヤーはモダン・ウォーフェアの複数のマルチプレイヤーマップでAI制御の敵の波に立ち向かうことになる。試合開始時にはピストルだけで武装し、通貨システムを使って武器を強化したり、空からの支援を要請して敵の数を減らしたりすることができる。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。