2020年09月29日

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア、プレイヤーがドラムセットを使って敵を倒す

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアのプレイヤーが、ドラムセットをコントローラーとして使用して敵を倒した。 従来のコントローラーに飽きた多くのプレイヤーが他のユニークなツールやオブジェクトを使い始めているようだ。DOT ESPORTSが23日伝えた

I got a kill on the drums LOL from r/modernwarfare

ドラムセットでは正確な動きができなかったため、プレーヤーは敵を殺すために素早く動く必要があったという。プレイヤーはハードポイントマッチに参加していたが、敵が目的地に向かって移動しているのを発見した。敵はチームメイトを殺し、場所を争って、プレーヤーのチームがポイントを獲得できないようにしていた。 プレイヤーはスナイパーライフルでドラムセットの対応する部分を叩いて目標をすばやく調整し、クロスヘアを適切な位置にゆっくりと動かした。そして、プレイヤーは最後にもう一度ドラムセットを叩いて武器を発射し、これが意外にも敵を殺すことができた。

多くのプレイヤーは、従来のコントローラーに飽きて、他のユニークなツールやオブジェクトを使い始めているようだ。別のプレイヤーはレインボーシックスシージでTI-84電卓を使用し、手榴弾で敵を殺した。Runescapeのあるプレイヤーは、マウスとキーボードの代わりにステアリングホイールを使って、よりやりがいのあるゲームにしている。

多くの人が、他のタイプのコントローラを使っているときの忍耐力を称賛しているが、自分がドラムセットや電卓など、コントローラやマウスとキーボード以外のものを使って殺されていると知ったら複雑な気持ちになるだろう。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。