2020年09月29日

コール オブ デューティ モバイル世界選手権、ステージ2Bが8月14日に開幕

eスポーツ

コール オブ デューティ モバイル世界選手権のステージ2Bが、日本時間で8月16日午前9時に開始される。ステージ1Bから参加資格を得たプレイヤーが参加できるようになり、8月22日午前9時までの1週間にわたって実施される。DOT ESPORTSが3日伝えた

このステージでは、プレイヤーはゲーム内のeスポーツページで5~6人のチームを作る必要がある。このチームはステージ2Bで最大30のランクマルチプレイヤーマッチをプレイすることができる。少なくとも5人のメンバーが1試合ごとにプレイする必要がある。

チーム結成後、最初の30試合のランクマルチプレイヤーマッチが考慮される。この30試合に勝利したチームにはポイントが付与され、第3ステージである地域決勝戦への出場権が与えられる。各地域から512チームがステージ3Bへの出場権を獲得する。

ステージ2Bでは、チーム内の全選手の平均ランクに応じてポイントが付与される。プレイヤーのランクが高いほど、獲得できるポイントが多くなる。

ステージ2Bで30ランクのマルチプレイヤーマッチを30回クリアすると、チームメンバー全員が「the Ruin – Championship Purple Soldier」のロックを解除できる。また、地域決勝戦に出場したチームは、さらに1000CPを獲得することができる。

コール オブ デューティ モバイル世界選手権は、2019年10月のリリース以来初の公式eスポーツイベントとなる。トーナメントはソニーが主催し、賞金総額は100万ドル(約1億600万円)だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。