2020年04月08日

【CoD】コールオブデューティリーグがホームシリーズライブイベントを中止、コロナ懸念

eスポーツアプリ3選

Activision Blizzardのコールオブデューティ(Call of Duty、CoD)リーグは、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散に関する懸念のため、現在予定されているすべてのホームシリーズライブイベントを中止すると発表した。リーグは、シーズンの残りの期間をオンライン形式に移行する。試合は引き続きライブ放送される。ESPORTS OBSERVERが12日伝えた

コールオブデューティリーグ委員のJohanna Faries氏は声明で次のように述べだ。
「COVID-19危機は世界中の非常に多くの人々に深刻な課題を提起しており、Call of Duty Leagueコミュニティもその影響を感じています。今後のライブイベントをオンライン競技にシフトするという決定は、私たち全員にとって難しい決断でしたが、ファン、プレーヤー、コーチ、従業員、パートナーの健康を確保するという目標のため実行しました。近日中にオンラインマッチに関する詳細情報を公開する予定ですが、YouTubeチャンネルで生放送を行っています」

「今後のライブホームシリーズへの参加を計画しているファンにとって、これがどれほど残念なことか理解しています。今年後半にライブの観衆の前に戻って来たいと考えています。それまでの間、チームとプレーヤーをサポートしていきましょう」

昨日、オーバーウォッチ(Overwatch)リーグは3月と4月のライブイベントの中止を発表している。 コールオブデューティリーグでは、シーズンの残りの期間にホームシリーズトーナメントが予定されていたが、現在はリーグのウェブサイトおよび公式スケジュールから削除されている。

Activision Blizzardリーグは、オンライン形式への移行において大きな課題に直面している。チームはホーム都市に本部と練習施設を設置しており、長距離の試合をしようとすると質の低い試合につながり、シーズンの競争力に影響を与える可能性がある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。