2022年12月06日

豪カジノのスターが監視下での運営継続希望、ライセンス保持不適格の調査受け

豪ニューサウスウェールズ州のカジノの不適切運営で調査を受けたスター・エンターテインメント・グループは27日、当局からカジノライセンス保持に不適格と判断されたが、「厳しい監視」の下での運営継続を許可すべきと述べた。ロイター通信などが伝えた

豪ゲーミング当局による調査報告書では、スター・エンターテインメント・グループが長年にわたり法律違反を繰り返していたと非難している。経営陣が中国の資本逃避法を回避し、2013年から2020年の間にゲームでの引き出し額9億800万ドルをホテル費用として偽装し、外国銀行を欺いたことなどを指摘した。また、会社が組織的に十分な透明性を確保しようとしていないことにも言及している。

カジノ運営会社のスター社は声明で、調査報告書に記載された「根本的な失敗」に対処するための改善計画を策定したと述べた。来月中に改善計画の予算を確定し、2024年末までに計画を完了させるという。

 

シェアする