2020年10月01日

アップル、中国でApp Storeから4万2000本のゲームを削除

中国の法律を遵守するため、アップルは7月1日以降、中国のApp Storeから4万2000本近くのゲームを削除している。これらのアプリが適切なライセンスを持っていなかったためだ。Venture Beatが6日伝えた

市場調査会社のニコ・パートナーズは、中国で動作するゲームに出版ライセンス(国際標準図書番号、またはISBN)が必要となる2016年の規制に準拠するため、7月31日の期限に先立って7月に1万4914ゲームを削除したことを発見した。 8月1日には、さらに2万6815ゲームを削除した。

Androidストア(中国企業が所有している)はこの法律を完全に遵守しているが、アップルは一部のゲームを検証済みのISBNなしでストアで操作できるようにしている。コンプライアンスのため、アップルはこの夏にゲームを削除しなければならなかった。中国国家報道出版局が承認を担当しており、検閲や、ゲームに頭蓋骨を含めるなどのタブーとされるテーマに関する中国の文化的嗜好の遵守などの理由でゲームを審査している。

ニコ・パートナーズは、12月末までにライセンスを受けていない残りのタイトルが撤去されると予想しているという。中国は6億3700万人のプレイヤーを擁する世界最大のモバイルゲーム市場であり、iOSのモバイルゲームは2019年に126億ドルの収益を上げている。

中国は、新しいゲームを承認し、ライセンスを付与するのが非常に遅れている。中国の規制当局が現在のペースのままであれば、今年は比較的少数の出版ライセンスを承認することになるだろう。

ニコ・パートナーズのアナリストは、アップルが最初の発表を行った際に中国でのiOSゲームのトップを調査したところ、中国のApp Storeで売上上位100位のゲームのうち97位が合法的なISBNを持っていることがわかった。外国企業が中国のゲーム出版社にISBNを取得するには、中国国家出版出版局に申請してもらう必要がある。そのプロセスには約80営業日かかるという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。