2024年04月24日

香港サッカー2部で八百長疑惑、賭けにも影響、選手23人を逮捕

香港の反汚職機関は、香港のサッカー2部リーグでの八百長疑惑を受け、1年間の捜査の末、プロのサッカー選手を含む23人を逮捕したと発表した。SPORT STARが伝えた

香港サッカー2部リーグであるファーストディビジョンの試合結果を操作した疑いで、独立した汚職防止委員会(ICAC)は月曜日に、コーチを含む合計23人を拘束した。うち11人はコーチ含む同一チームだった。

ICACの主任捜査官ケイト・チューク氏が火曜日の記者会見で、容疑には贈収賄、試合結果の操作、違法賭博が含まれると述べた。

「この作戦は、ICACが八百長に対して近年実施したものの中で最大規模である」と彼女は付け加えた。

ICACによれば、八百長グループは、選手1人あたり、その試合での影響の大きさに応じて、1試合あたり最大約1万200香港ドル(約17万5000円)を支払った疑いがある。

チューク氏は、「彼らのプレーがうまくいくことではなく、どれだけ上手くフェイクできるか、または結果を操作するのにどれだけ役立つかが問題だった」と語った。

彼女によれば、疑わしい選手たちは、チームが弱いライバルに負けるように消極的にプレーするか、あるいは人気がなく高オッズの特定のスコアを目指していた。

その後、グループや一部の選手が、違法に組織された制度でこれらの結果に賭けて利益を上げた。

逮捕された選手とコーチは同じクラブに所属しており、ICACはその名前を明かしていない。

しかし、地元メディアは情報筋を引用し、香港最古のサッカークラブの1つであるハッピーバレーの選手たちだと伝えている。

反汚職機関は、彼らが2022-23シーズンに26試合を戦い、8勝したファーストディビジョンのチームに所属していると述べた。

現在、8勝したファーストディビジジョンチームは3つあり、その中にはハッピーバレーも含まれている。

ICACは、まだ捜査が続いているため、関与した総金額を出すことはできていないと述べている。これらの事件はサッカー界にとって深刻な打撃であり、信頼性を損なう可能性がある。また、このような事態が発生した場合、関連するすべての利害関係者が協力し、問題の解決に努めることが求められるだろう。

 

シェアする