2024年04月24日

米ミシガン州、4月のオンカジ・スポーツベッティング収益が前月比9.6%減

米ミシガン州のゲーミング規制当局によると、スポーツベッティングとオンラインカジノ運営企業の4月の収益は、1億9570万ドル(約269億円)だった。前月に比べて9.6%減少した。Gambling Insiderが伝えた。

4月のオンラインカジノ収益は7%減少

ミシガン州のオンラインカジノ企業は、4月の収益が計1億5940万ドルで、前月3月の収益記録1億7180万ドルから7.3%落ち込んだ。しかし、この結果は同州におけるオンラインカジノの継続的な成功を証明している。業界アナリストであるPlayMichigan.comのポール・コスタンゾ氏は、4月の収益は「全米の州において、月間収益上位5つのうちの1つである」と強調した。

また、コスタンゾ氏は、前年同月の収益1億3240万ドルと比べると20%も増加していると付け加え、州のオンラインカジノの成長ポテンシャルが強力であることを指摘した。

スポーツイベントは4月から減っていく

同専門家は、スポーツベッティング業界が熱気に満ちた3月から比較的行事の少ない夏へと徐々に移行している4月を「移行期」と語った。

全米フットボールリーグのドラフト、全米大学体育協会男女ファイナル4、全米バスケットボール協会と全米ホッケーリーグ、プレイオフの開始といったイベントが行われ、ベッティングを楽しむスポーツファンには十分なアクションが提供されたにもかかわらず、オンラインスポーツベッティング収益は2023年4月に3630万ドルにとどまった。この数字は前月の4460万ドルから19%の減少を示している。

スポーツベッティングの総ハンドルと税金

ミシガン州のオンラインスポーツベッティングの総ハンドル(賭け金)は3億2280万ドルで、前月の4億770万ドルから20.8%減少した。

税金と支払いについては、州は4月に3100万ドルを徴税し、うち2940万ドルがインターネットゲームの税金と手数料、160万ドルがオンラインスポーツベッティングの税金と手数料からだった。

デトロイトの3つのカジノは賭博税と市のサービス料として810万ドルを支払い、そのうち750万ドル以上がゲーム税と手数料から、残りがインターネットスポーツベッティングの税金と手数料からだった。

ミシガン州の部族運営カジノも同月中に360万ドルの納税を完了した。2022年の部族ゲーム報告書は、州の23の部族カジノからの地方組織への支払いが2021年以降2.2%減少したと述べている。
現在、ミシガン州には15のライセンス運営事業者がいる。

 

シェアする