2024年04月24日

ロットマティカ社、過去最高の四半期で売上高19.4%増

オンラインベッティングを手掛けるロットマティカ社は、今年第1四半期の総売上高が前年同期比19.4%増の4億2480万ユーロ(約631億円)で、過去最高だったと発表した。iGaming Businessが伝えた。

ロットマティカ社のCEOであるグリエルモ・アンジェロッツィ氏は、四半期間の業績が今年の好スタートを示していると語った。
「今年は記録的な業績で始まり、4月に続き、2023年に向けて堅実な業績を築いている。すべての運営セクターで収益が増加し、調整後のEBITDAの成長に貢献しており、オンライン運営セクターは、市場シェアとパフォーマンス指標で以前の記録を更新している。
私は、これらの非凡な結果を達成するために信じられないほどの献身とコミットメントを示したすべての同僚に感謝の意を表したい。」

第1四半期の結果では、ロットマティカ社はオンラインセグメントが四半期間で新記録を達成した。

同社のオンラインスポーツベッティングによる貢献が総収入の1億1000万ユーロを占め、市場シェアは18.1%であった。
ロットマティカ社は、これらの結果は、2022年11月に行われたBetflagの買収のプロフォーマを考慮に入れて調整されたものだと述べた。

オンライン収入は1億2400万ユーロで、前年同期比39.3%増となった。また、四半期間のオンラインゲームの市場シェアは18.9%であった。

ロットマティカ社のゲームフランチャイズの収入は、期間中に1億8800万ユーロで、10.6%増加した。

四半期のサービス費用は2億4700万ユーロで、年間比16.9%増となり、最終的な合計額に大きな打撃を与えた。これは四半期の最高費用だった。

二番目に高い費用は、有形資産の減価償却と減損で、合計3800万ユーロだった。これは前年比で5.3%の減少である。金融費用は3740万ユーロ、人件費は2440万ユーロだった。

その他の運営費用と諸費用は690万ユーロだった。売掛金と金融資産の減損は63万7000ユーロ。

金融収入が1万2000ユーロ、持分法による投資評価からの収入が10万4000ユーロを計上した後、法人税前利益は7020万ユーロで、31.8%増加した。

法人税額2380万ユーロ(前年は1850万ユーロから増加)を差し引いた後の四半期の利益は4640万ユーロで、33.8%増加した。

 

シェアする