2024年5月22日
online casino

オンライン学位ランキングなどを発表しているIntelligent.comの調査報告書によると、半数以上の学生が、大学在学中に宝くじやスポーツベッティングアプリ、ファンタジースポーツなど、ギャンブルに参加した経験がある。CHINOOK OBSERVERが伝えた。

Intelligent.comは、米国のフルタイムまたはパートタイムの大学生702人からの回答を分析し、大学生のギャンブル習慣に関する調査報告書を発表した。

報告書によると、大学生の大半が大学在学中にギャンブルをしたことがある。学生の54%が大学在学中に何らかのギャンブルに参加したことがあると答え、3人に1人がオンラインギャンブルに参加したことがあり、5人に1人がスポーツベッティングアプリを利用したことがあると答えている。最も人気のあるギャンブルは、宝くじ、スポーツベッティングアプリ、ファンタジースポーツ、対面カジノ、オンラインカジノである。

オンラインギャンブラーのうち、中学でギャンブルを始めたという人は5%、高校で始めたという人は36%、大学で始めたという人は59%。オンラインギャンブラーの5人に1人は、ギャンブルのために学生ローンや学資援助を利用したことを認めている。実際、オンラインギャンブラーの26パーセントは、「間違いなく」または「おそらく」ギャンブル依存症であると答えている。このグループのうち、3分の1以上が依存症について助けを求めたことがあると答えている。

大学の運動部がスポーツベッティング会社と提携するのはよくあることで、これらの会社はプロモコードを通じて学生にサービスを宣伝する権利を持っている。報告書によると、調査対象となった学生の20%が、自分の学校にそのような提携関係があると答えている。さらに、学生の3人に2人は、スポーツベッティングに参加している学生を少なくとも1人は知っていると答え、24パーセントは6人以上の学生を知っていると答えている。