2023年10月03日

英国の高級カジノで「泥酔」のギャンブラー、60万ポンド支払い拒否裁判で敗訴

米ロンドンのメイフェアにある高級クラブでたった一晩で60万ポンドもの負債を抱えたにもかかわらず、「泥酔」していたため責任を問われるべきでないと主張した大金持ちのギャンブラーが、敗訴した。Evening Standardが伝えた

高級カジノのアスピノールズがギャンブラーのレスター・ホイ氏に対して訴訟を起こした。ホイ氏はダブルチャンス・バカラで58万9724ポンドを使い込んだ後、支払いを拒否していた。

ナイトクラブのオーナーは当初、カジノのスタッフが中国酒「マオタイ」を含む飲み物を彼に勧めたため、彼には借金の責任はないと裁判所に話した。

しかし、金曜日の判決で、高等法院のコッター判事は、ホイ氏が実際に負債を負っていると裁定し、返済のための措置を講じるよう命じた。

1998年以来カーゾン・ストリートにあるプライベート・メンバー・クラブのメンバーであるホイ氏は、無料の飲食物を提供する “コンシェルジュ・サービス “を受けられる大金持ちのエリート顧客の一員だった。

2016年2月9日、ホイ氏は旧正月にクラブで行われた特別な食事会にゲストとともに出席し、11本の高級ワインとシャンパンを無料で注文した。

その後、彼は目を覆いたくなるような損失を重ね、わずか20分余りで40万ポンド、合計で60万ポンド近くを失った。

彼はシャンパンとワインを3本半、アルコール度数53パーセントのマオタイを5〜10ショット飲んだと主張した。彼はまた、3万ポンドしか賭けないという自らに課した要求をスタッフが無視したと主張した。

しかし、同カジノは2019年9月、ホイ氏が明確な判断ができるほどシラフであり、その後ロンドン市内を自分で運転して帰宅したことさえ主張し、支払いを求める回復請求を開始した。

同社によれば、ギャンブラーにギャンブルを続けるよう勧めたり、すでに酔いすぎていた場合に追加の酒を勧めたりすることはなかったという。

金曜日の判決でコッター裁判長は、ホイ氏は「飲酒量を著しく誇張」しており、実際にはスタッフからマオタイを飲まされていなかったと述べた。

また、ホイ氏はその後、アスピナルスから提供されたフィンランド旅行を受け入れ、凍った湖の上でベントレーを運転した。

また、ホイ氏は問題の夜、20マイル(約8キロ)の距離を運転して帰宅しており、それほど酔っていなかった可能性が高いという。

「私は、ホイ氏が飲んだものが何であれ(おそらく彼が飲んだと主張する量よりかなり少ないと思われる)、スタッフが気づくほど、あるいは気づくべきであったほど、ホイ氏に容易に観察できる影響を与えるものではなかったと納得している」と裁定した。

当事者は今後、両者間で返済命令案に合意しなければならない。

シェアする