2022年12月06日

ワールドプール、前年比44%増の売上高記録、過去最高

イギリスとアイルランドで開催されたワールドプール2022の17レース日に、プールの売上高は6億500万ドルを記録した。昨年の4億1400万ドルから前年比44%増という驚異的な伸びを示し、最終日のレースだけで、ワールドプールは3200万ドル近い売上高を記録した。GAMBLING NEWSが伝えた

この増加は、今年のワールドプールが記録した全体的な盛り上がりと、エプソムダービーなど他の競馬イベントでの増加傾向とも一致している。

ワールドプールは、世界中のプレイヤーが1つのプールに賭けることができるベッティング・イニシアチブ。香港ジョッキークラブ、トート、アスコットの協力により実現したものだ。このプールでは、20カ国以上のプレイヤーが同じプールで賭けをすることが可能。その結果、勝者はより大きな賞金を手にすることができ、ワールドプールの人気に火がついた。

香港ジョッキークラブのエグゼクティブ・ディレクターであるマイケル・フィッツサイモンズ氏は、ブリティッシュ・アイルランド・ワールドプール開催日がこれほどまでに好調な売上を記録したことについて「チームはとても喜んでいます」と述べている。フィッツシモンズ氏は、最高の馬とジョッキーの競演を鑑賞する競馬通の人気が高まっていることが好結果の要因であると指摘した。

英国トート・グループの最高責任者であるアレックス・フロスト氏は、ワールドプールの目標は、競馬のエコシステムに持続可能な追加資金源を提供することと、ファンに楽しいベッティング体験を提供することだと述べた。

プールの成長により、イギリスとアイルランドの競馬セクターへの財務的リターンが増加し、トートで賭けを希望するファンにとってより大きな価値が生まれることになるだろう。

シェアする