2020年08月14日

Ubisoft、「レインボーシックス シージ」のカレッジ・eスポーツリーグを創設

レインボーシックス シージの開発元であるUbisoftは、同社のeスポーツ旗艦タイトルに、カレッジリーグを創設すると発表した。この新しいリーグは、オンラインゲームプラットフォームとトーナメント主催者であるFACEITと提携して運営される。Ubisoftは、ゲーミング周辺機器ブランドのCORSAIRとその子会社であるOrigin PCとのスポンサー契約を結んでいる。THE ESPORTS OBSERVERが16日伝えた

オンラインプラットフォームを介して、フルタイムで登録した学生はチームを結成し、学内や他校とのさまざまなイベントに出場することができる。さらに、各学校は、3万ドル(約320万年)の賞金プールがあるカレッジ選手権の代表として1つのチームを推薦するオプションがある。最初の公式シーズンは2021年1月に始まると予想されている。

昨年、全米大学体育協会(NCAA)の理事会は全会一致でeスポーツを無期限に管理する問題を延期し、Tespa や Collegiate StarLeague のような独立した組織や、Riot Games や Psyonix のようなパブリッシャーが、独自のカレッジ大会を自由に運営し続けることを可能にした。

多くの伝統的なスポーツがそうであるように、カレッジ・eスポーツがプロのプレイへのデフォルト・トラックになる可能性は低いが、大学ベースの大会への関心は、昨年から高まってきている。最近では、10校すべてが参加するMadden NFLトーナメントを開催するBig 12のように、カンファレンス全体が独自のゲームイベントを企画し始めている。また、このイベントは、独自のスポンサーのドクターペッパー&クリームソーダを確保している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。