2020年07月06日

オーバーウォッチリーグが今週末に16試合を実施

eスポーツ

オーバーウォッチリーグ(OWL)は今週末に16試合を実施する。コロナウイルスの影響で複数のスケジュールが複雑になっていたのを埋め合わせる。ゲームはオンラインでプレイされ、OWLのYouTubeチャンネルでストリーミング配信される。DAILY ESPORTSが24日伝えた

今週末の試合
週末は土曜日の午前1時(太平洋標準時)に広州チャージが上海ドラゴンズと対戦する。コロナウイルスの影響で中国のチームはまだOWLの試合を行っていないため、週末に2試合を行うことになる。また、ソウル・ダイナスティも今週末に初の2試合を行う。

チームは3つのグループに分かれて対戦する。アトランティック・カンファレンスの10チームすべてが1グループ、中国の4チームが1グループ、残りのパシフィック・カンファレンスの6チームが1グループとなっている。

中国チームは午前1時と午前3時(太平洋標準時)に試合を行う。残りの試合は午前11時に開始され、各試合は2時間間隔で予定されている。土曜日には8試合、日曜日にはさらに8試合が行われる。

(2日間。16試合。みんなおかえりなさい。#OWL2020が今週末に壮大な形で帰ってきたよ)

2020年のOWLシーズンの残りの部分は、おそらく同じような形式でオンラインで行われるだろう。コロナウイルスはまだ蔓延しており、いつになったら元に戻るかわからない。OWLはすでにシーズン半ばのイベントをキャンセルし、オールスターイベントをシーズン終盤に移している。

また、OWLは今後も状況を見ながら、毎週のように試合のスケジュールを組んでいくことになりそうだ。もしホームスタンドが年内に復帰する可能性があるとすれば、当初の予定通り、ライブでの試合を再開したいと考えていることは間違いないだろう。

とりあえず、週末にOWLファンが家にいながらにして見られるものがあるのはいいことだろう。まだあまり試合をしていない中国チームや太平洋チームの試合を見るのも楽しいはずだ。16試合をお楽しみに!

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。