2020年06月05日

Eスポーツイベント、4月のピーク視聴者数ランキング!

eスポーツ業界全体で合意されている標準的な視聴率の指標は存在しない。平均視聴者数の比較は、1日で終わるイベントもあれば、1カ月に及ぶイベントもあるため問題がある。そこで今回は、ピーク時の視聴者数を利用する。eスポーツイベントの最大視聴者数を指標とした2020年4月のeスポーツイベント人気ランキングを紹介

アジアや南米でのモバイルeスポーツの人気に注視しているなら、モバイル・レジェンド: Bang Bang(モバレ)のトーナメントであるMPL ID シーズン5が4月のピーク視聴率でトップになったことを知っても驚かないかもしれない。

上位5のイベントではモバイルeスポーツの唯一のエントリーであるにもかかわらず、インドネシアが視聴者数を牽引し116万3007人の視聴者を獲得した。現在、「ワンeスポーツ・モバイル・レジェンド:Bang Bangインビテーショナル」が7月5日まで開催中だ。

2位はリーグ・オブ・レジェンド ・シャンピオンシップ韓国(League of Legends Champions Korea、LCK)、3位はリーグ・オブ・レジェンド欧州チャンピオンシップ(LEC)だった。LCKではGen.G EsportsとT1の対戦が月間を通して最大の注目を集め、ピーク時の視聴者数は107万4561人だった。
LECスプリング・スプリットの決勝戦では、G2 EsportsとFnaticの対戦が81万7397人となっている。
4位はTwitch RivalsのVALORANTトーナメント、5位はESL One Los Angelesのヨーロッパ&CIS部門だった。

出所:ESPORTS INSIDER

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。