2020年07月03日

サンズ・チャイナ、第1四半期は1億6600万ドルの損失計上

マカオのカジノ事業者サンズ・チャイナは23日、2020年第1四半期の純損失が1億6600万ドル(約179億円)、純収益は65.1%減の8億1400万ドルになると発表した。ABGが伝えた

これは2019年第1四半期の純利益5億7700万ドルとは対照的だ。ラスベガス・サンズの会長兼CEOであるシェルドン・G・アデルソン氏は次のように述べている。

「コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは前例がなく、私の70年以上のビジネス経験の中で、このような事態を目の当たりにしたのは初めてです。この困難な時期における最大の優先事項は、私たちのチームメンバーをサポートし、マカオ、シンガポール、ラスベガスの各地域のコミュニティで必要としている人々を支援する、という私たちの深いコミットメントのままです」

アデルソン氏は、投資家向けの電話会議で、パンデミックがどのくらいの期間続くのかわからないが、旅行や観光への支出は最終的には回復すると確信していると述べた。

中国とマカオ間の旅行制限はいつ解除されるのかという質問に対し、アデルソン氏は、現時点では予測できないが、2020年5月後半から6月にかけて解除されることを期待していると話した。

また、同社がマカオへの投資を遅らせることはなく、「The Londoner Macao」と「The Grand Suites at Four Seasons」への22億ドルの設備投資計画を大きく前進させていると説明した。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。