2020年09月28日

PUBGモバイル・eスポーツ、東南アジアで国際女性限定トーナメントを開催

PUBGモバイル・eスポーツ・タイランドは10日、公式フェイスブックkページで、東南アジアの数カ国が参加する国際的な女性限定トーナメントを開催することを確認した。ここから勝ち上がった上位チームが、9月5日と6日にオンライン大会として開催されるPUBGモバイルプロリーグ(PMPL)レディースSEAへの出場権を得る。DOT ESPORTSが同日伝えた

PMPLタイランド・シーズン2「ザッツ・マイ・ガールズ」トーナメントの登録受付は8月12日から15日までで、最大64チームが参加できる。このトーナメント大会の賞金総額は3000ドル(約31万8000円)以上で、タイのバンコクにあるトゥルーデジタルパークでライブ決勝戦が行われる。

64チームがそれぞれ16チームずつの4つのグループに分かれて行われる8月16日と17日のグループステージでは、エランゲル、ミラマー、ヴィケンディの3試合が行われ、各グループの上位4チームが8月21日と23日にトゥルーデジタルパークで6試合を行う決勝戦に進む。

決勝戦の上位3チームがPMPLレディースSEAに進出できる。また、PUBGモバイル・eスポーツのフェイスブックページでの人気投票によって決定され人気の高い4人の選手を加えた1チームが決勝戦に参加する。

PMPLレディースSEAには、マレーシア、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシアのチームが参加可能。PUBGモバイル・eスポーツは、すでにインドネシア向けのPMPLレディースのシーズン2を発表しており、タイのプロリーグと同様のフォーマットを採用している。残りの国は近日中にそれぞれのレディーストーナメントを発表する予定だ。

PMPLレディースSEAは、女性プレイヤー専用のオープン予選を実施した初の国際的なPUBGモバイル・eスポーツ大会となる。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。