2024年03月02日
philippines

フィリピンIR経営PHリゾート、投資家との交渉が最終段階へ

フィリピンのマニラ – ダバオを拠点とする実業家デニス・ウイ氏のウデナ・グループ(Udenna Group)のゲーム・観光持株会社として上場しているPHリゾートは、セブ島のフラッグシップ統合型リゾート「エメラルド・ベイ(Emerald Bay)」の早期開業に向け、外国人投資家1社と地元投資家1社と交渉中だ。同社社長兼CEOのレイムンド・マーティン・エスカロナ氏は、適切な時期に必要な情報を開示すると株主に保証した。Philstarが伝えた

PHリゾートの社長兼CEOであるRaymundo Martin Escalona氏は株主総会で「すでに最終段階の協議に入っており、適切な時期に必要な情報を開示する予定である」と述べた。

Escalona氏はまた、PHリゾートが未だに損失を計上しているにも関わらず、「我々は以前から多くの困難に直面してきましたが、成功するでしょう。既に良い指標が見え始めており、明るい未来を見据えています」と説明した。

セブのマクタンに位置するエメラルドベイは、ビサヤ・ミンダナオ地域で最高級の複合リゾートとなることが予想されている。計146のゲーミングテーブルと729台の電子ゲーミングマシン(EGMs)、780室のホテル室と5軒のヴィラを設ける予定だ。

PHリゾートのエメラルドベイプロジェクトおよびクラークの別のカジノは、フィリピンのカジノ王であるEnrique Razon氏との提携を予定していたが、この取引は成立しなかった。

Escalona氏は、2022年は会社にとって引き続き困難な時期であったが、PHリゾートが前向きな勢いを維持するために注力する明るい話題もあったと報告した。

その中には、昨年12月にボホール島のドナテラ・リゾート&サンクチュアリを再開したことや、現在キャッシュフローを生み出していないいくつかの資産の収益化について他の当事者と協議を進めていることなどがある。

PHリゾートは資産の一部売却も希望していたが、証券取引委員会(SEC)は株主総会の議題に資産売却を含めるよう求めた同社の要求を拒否した。SECによると、資産売却は昨年5月にSECに提出された議題には含まれていなかった。

PHリゾートの監査法人であるSyCip Gorres Velayo & Co.社(SGV)は、PHリゾートの事業継続能力に警鐘を鳴らしている。

PHリゾートが最近提出した報告書の中で、SGVはPHリゾーツが2022年に8億190万ペソ、2021年に1億5300万ペソの純損失を出し、その結果、2022年末と2021年末時点でそれぞれ11億ペソと3億3750万ペソの赤字になると述べた。

SGVは、2022年末時点で流動負債が資産を20億ペソ上回り、営業キャッシュフローが6,730万ペソマイナスとなるため、これは重大な不確実性であると述べた。

シェアする