2021年09月20日

CS:GOストックホルムメジャーが今秋開催、賞金は史上最大2億円

CS:GO major 2021

eスポーツトーナメント運営のPGLは、CS:GO史上最大の200万ドル(約2億700万円)の賞金総額を誇る新しいトーナメントを今秋開催すると発表した。メジャー開催は2年ぶりで、現時点ではLANイベントを予定している。DOT ESPORTSが伝えた

PGLストックホルム・メジャーは、10月23日から 11月7日まで開催される。プレーオフは、11月4日から7日までスウェーデンのストックホルムにあるエリクソン・グローブでLANイベントで実施。同社は同イベントの安全衛生ガイドラインを引き続き遵守するとしており、コロナウイルスの流行が継続している場合、オンラインでの試合に変更される可能性がある。

PGLストックホルム・メジャーは、2019年9月に開催したスターラダー・ベルリン・メジャー以来のCS:GOメジャーとなる。また、PGLはこのイベントが4k 60 FPSクオリティで放送される初のCS:GOメジャーであり、ARの要素や新しいカスタムHUDなど、何らかの形で盛り込まれると述べている。

PGLは2013年11月にCS:GOトーナメントの運営を開始して以来、何十ものCS:GOトーナメントを主催または何らかの形でサポートしてきた。PGLのCEOであるSilviu Stroie氏は、「まず第一に、私達はCS:GOの熱烈なファンです。私達はこのゲームが会社の発展と同じペースで成長し、どんどん大きくなっていくのを見てきました。過去のカウンターストライクショーには忘れられない思い出がありますし、正直言って、プレイヤーとして、そして会社として、このゲームには多くの借りがあります。このコミュニティは、このフランチャイズがこれまでに見た中で最高のプロダクトに値すると信じています。」と語った。

トーナメント形式、チケット情報、タレントのラインナップ、スケジュールなどの詳細は、イベント開始に向けて近日中に明らかにされる。

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。