2022年12月06日
online casino

オンラインカジノPaf、若者保護の年間損失額を1万ユーロに制限

フィンランドのオンラインギャンブル運営会社Pafは、18歳から24歳の若いプレイヤーを保護するため、年間1万ユーロの損失制限を導入すると発表した。GAMBLING NEWSが伝えた

この発表について、PafのゲーミングマネージャーであるJenna Ekström氏は、若いプレイヤーのリスクを最小限に抑えるため、事業者が責任あるギャンブル対策をより強化することが重要であると述べた。

若年層に対する強制的な損失限度額は、PafやPafが所有する全オンラインカジノサイト、ゲームカテゴリーで有効。若年層が毎年過度の損失を被ることを防止する。調査によると、18歳から24歳はギャンブル依存症になるリスクが高く、脳がまだ発達段階にあるため、危険で衝動的な行動をする傾向があるという。

Ekström氏は、「ギャンブル依存症に関する事実や調査から、若年層はより脆弱な集団であることが指摘されています。よりリスクを負う傾向があり、金銭を賭けてゲームをプレイするのに見合う財力がないことがあります。」と話している。

Pafの副最高経営責任者兼最高責任者のDaniela Johansson氏は、「強制的な損失制限は、ゲーム会社が取りうる最も決定的で責任ある行動の一つです。」と強調した。

シェアする