2020年09月29日

NVIDIA、CPU設計会社Armをソフトバンクから400億ドルで買収へ

NVIDIAは、ソフトバンクグループのチップ設計部門であるArmを約400億ドル(約4兆2400億円)で買収する。この取引を通じてNVIDIAは、Nintendo Switchのような特定のデバイスで使用されているTegraチップ(Armアーキテクチャも使用している)だけでなく、モバイル市場へのリーチを拡大していくことになる。DOT ESPORTSが13日伝えた

基本的に、ArmはNVIDIAと似たような技術を開発しているが、以前はGPUに焦点を合わせていたデザイナーが通常は頻繁に作業しない領域を扱っている。NVIDIAは、Armsは「成功の基盤となっているグローバルな顧客の中立性を維持しながら、オープンライセンスモデルを運営していく」としながらも、NVIDIAと協力して前進していくと述べている。

NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、今回の取引が、コンピュータとインターネットの可能性の限界を押し広げるパートナーシップの構築に役立ったと指摘している。

「AIは我々の時代の中で最も強力な技術力であり、コンピューティングの新しい波を起こしました 。今後数年間で、AIを実行する何兆台ものコンピュータが、今日の人のインターネットの何千倍もの規模を持つ新しいモノのインターネットを作り出すことになるでしょう。私たちの組み合わせは、AI時代に向けて非常に有利な立場にある会社を作ることになるでしょう。」

この取引により、NVIDIAは、基本的にすべてのテクノロジー市場にアクセスできるようになり、NVIDIAベースのGPUやその他の製品が、近い将来、スマートフォンやタブレット、より多くのラップトップなどに登場する可能性が高いことを意味している。

NVIDIAはケンブリッジにあるArmの研究施設を拡張し、ヘルスケア、ライフサイエンス、ロボティクス、自動運転車などの分野での開発をサポートする一方で、買収前と同様に先行事業を継続していく計画だ。

この取引では、NVIDIAはArmに120億ドルの現金を支払うことになるが、一方で、ソフトバンクに215億ドルの株式を配ることになり、取引が完了した後、ソフトバンクはNVIDIAの10%弱の株式を得ることになる。残りの資金は、20億ドルの初期署名金と、Armの業績が一定のレベルに達した場合に追加で50億ドル、そしてArmの従業員にNVIDIAの株式で構成される15億ドルを分配する。

ソフトバンクは以前、2016年にアームを310億ドルで買収しており、Armの価値がいかに高まっているかを示している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。