2020年10月01日

2020年オーバーウォッチリーグMVP賞、Fleta選手が受賞

オーバーウォッチリーグのスター選手で上海ドラゴンズのDPSであるFleta氏、今シーズンの彼の素晴らしいプレイと深いヒーロープールが評価され、2020年のMVPタイトルを受賞した。DOT ESPORTSが13日伝えた


Stats Labによると、彼は9月12日現在、10分あたりのエリミネーションでリーグ3位の20.1という驚異的な数字を記録している。1試合に出場するごとに、2人の敵が排除されていることになる。

Fleta氏は、ダメージを与えるヒーローに対するパフォーマンスに基づいてMVP賞を受賞した初のDPSプレイヤーだ。2020年のMVP受賞者として、彼はスポンサーのT-Mobileから10万ドルを獲得する。また、彼は2021年シーズンを通してジャージに特別なワッペンをつけることになる。MVPのタイトルは、25%はソーシャルメディア上のファンからの投票に基づいて授与される。残りの75%はオーバーウォッチリーグのゼネラルマネージャー、スタッフ、放送タレント、メディアからの投票だ。

上海ドラゴンズの一員として、Fletaは記念碑的な2020年シーズンに向けてチームを導くのに貢献した。ドラゴンズはオーバーウォッチリーグのレギュラーシーズンを27勝2敗の成績で終え、全地域のリーグランキングでトップチームとなった。さらに、5月に開催された「May Melee」と「Countdown Cup」という2つの月例トーナメントでは、アジア地域のタイトルを獲得した。

上海ドラゴンズは、10月8日から始まる2020年グランドファイナルのブラケットへの出場権をすでに確保している。アジア地区の第1シードを獲得した上海ドラゴンズは、北米からの第2シードと対戦する。

Fleta選手は上海ドラゴンズの一員になってまだ間もないが、2020年シーズン開幕前にソウル・ダイナスティからフリーエージェントとして上海ドラゴンズに加入した。2018年にオーバーウォッチリーグが始まる前、Fleta氏は韓国の伝説的なチームであるルナティック・ハイとフラッシュ・ラックスに所属していた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。