2020年09月29日

人気ストリーマーNinjaがテストストリームを偶然投稿、ユーチューブへ移行か

マイクロソフトのライブ配信プラットフォームMixerの7月22日のサービス終了に伴い、移行先を探している人気ストリーマーのNinjaは7日、ユーチューブのアカウントに テストストリームを公開した。フォートナイトのリーカーHYPEXによると、ストリームはサムネイルもタイトルも更新されていない状態で投稿されていた。そのわずか数分後、ストリームは非公開にされた。DOT ESPORTSが同日伝えた

これは、Ninjaがプラットフォームのサービスをテストしていることから、ユーチューブで独占的にストリーミングを行う可能性を示唆している。Ninjaの妻でマネージャーのジェシカ・ブレヴィンス氏は、ファンは今週中に何らかの形での発表を期待すべきだと語った。これはNinjaの独占ストリーミング配信との関連性も考えられるが、あくまでも憶測だ。

ブレヴィンス氏は昨年10月、ビジネス・インサイダーに対し、ツイッチのNinjaとの以前の契約は「制限的すぎる」ものであり、それがゲーム分野以外での成長を妨げていたと語っていた。

今回の契約は、ユーチューブにとって高額な対価を伴う可能性が高い。CNNの報道によると、Ninja氏はMixerでのストリーミング配信のために、マイクロソフトから2000万ドルから3000万ドルの報酬を得ていたという。

ユーチューブはすでに100 ThievesのコンテンツクリエイターであるCouRageやValkyraeを含む大規模なストリーマーと契約している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。