2021年10月21日

コールオブデューティー:モバイル、ナイトモードのマップ公開

Activisionはきょう、コールオブデューティー:モバイル(Call of Duty: Mobile)のナイトモードを公開した。プレイヤーは暗闇の中でゲームのマップをプレイできるようになった。DOT ESPORTSが伝えた。

CODMでは初めて完全なナイトモードが登場した。Standoffマップは以前、夜にプレイするハロウィンバージョンがあったが、このマップでは満月があったため、昼バージョンのマップと同じように視界が確保されていた。

ナイトモードは、Crash、Summit、そして新たにリリースされたHackney Yardマップでチームデスマッチモードのみプレイ可能。プレイヤーはゲームのFeatured modesタブでこのモードを見つけることができる。

ナイトマップでは、視界がほぼゼロに近い状態だ。ただし、プレイヤーにはナイトビジョンゴーグルが装備されており、夜の視界を確保することができる。このモードが利用できるのは11月23日までとなっている。今シーズン後半には、同じマップでプレイされるAttack of theUndeadモードのナイトバージョンもリリースされる。

CODMのシーズン12は、11月12日に始まり、「ゴーイングダーク」と呼ばれている。ナイトモードの他に、新しい武器、特典、バトルロワイヤルクラスが今シーズン登場する。
50 GS口径のピストルは、このクラスで最も強力な武器の1つだ。新しい特典はランチャープラスで、プレイヤーは追加のランチャー弾薬を装備可能。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。