2021年01月28日

CoDブラックオプス コールドウォー、「Blackoutトライアル」エラー発生、マイクロソフトが原因調査中

『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』のXbox Oneと Xbox Series Xのプレイヤーが、最新メジャーアップデートをダウンロードした後、「Blackoutトライアル」エラーがポップアップされるという問題に直面している。このアップデートは、まもなく配信されるシーズン1コンテンツに向けてゲームを準備するために必要とされるものだが、マルチプレイヤーとゾンビのゲームモードからプレイヤーを締め出している。マイクロソフトは現在このエラーを調査している。DOT ESPORTSが伝えた

ゲームにアクセスすると、プレイヤーは、ゲーム全体を購入するか、キャンセルして画面を終了するように促される前に、「Blackoutトライアルが終了しました」というポップアップ画面が表示されることがある。

Blackoutは2018年にブラックオプス 4でフィーチャーされたバトルロワイヤルモードで、そのモードはもはや存在しないため、このエラーは前作「ブラックオプス」のアセットを使用する際に見落とされたものである可能性がある。

マイクロソフトはこの問題を認識しており現在調査中だ。これはActivisionとTreyarchも修正に関与する必要があると思われる。

この問題に遭遇した場合、公式の修正を待ちたくない場合は、ゲームをアンインストールして再インストールすることができる。これは、複数のユーザーで機能しているようだ。ゲームを再起動する前に、他のアドオンを手動でチェックして、Xboxダッシュボードからすべてインストールされていることを確認することだ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。