2022年08月16日

MGMリゾーツ、大リーグ選手団とマーケティング契約を締結

カジノ運営のMGMリゾーツは、大リーグ選手団(MLBPA)のビジネス部門であるMLB Playersと提携したと発表した。MGMは、MLB Playersブランドを利用してマーケティングしたり、個別に選手と契約しMGMを宣伝したりしてもらうという。Caino.orgが伝えた

MLBPAはメジャーリーグに所属する選手が加入している労働組合だ。現役メジャーリーガーが関わる商業活動やライセンス活動等をしている。

この契約によりMGMリゾーツは、米国、中国、日本において、印刷物やデジタルプロモーション、広告、懸賞など幅広い分野でMLB Playersの権利を使用できるようになる。選手と個別に契約を締結すれば、選手によるソーシャルメディアへの投稿、サイン入り記念品や広告などを通じてMLBの選手に宣伝してもらうこともできる。

金銭的な条件は明らかにされていないが、契約期間は複数年にわたるという。

シェアする