2020年12月05日

メルコ子会社キプロス・カジノズ、コロナ第二の波でカジノ2カ所を営業停止

casino

メルコリゾーツ&エンターテインメントのキプロスに拠点を置く子会社キプロス・カジノズは、コロナウイルスの流行の第二波が島国を襲う中、5つのカジノのうち2つのカジノを営業停止した。Inside Asian Gamingが伝えた

同社のウェブサイトに掲載された通知によると、キプロス・カジノズは、同国の緊急政府対策で求められたため、11月12日午後5時の時点で臨時カジノC2リマソールとサテライトカジノ(第三者が運営するカジノ)C2パフォスを閉鎖すると発表した。

メルコが運営するカジノのC2ニコシアとC2アヤナパは今のところ通常通り営業している。

最新の停止は、キプロス当局が人々の不必要な動きを防ぎ、ウイルスの拡散を遅らせることを目的として、11日に島の南西部を19日間の厳格なロックダウンの下に置いた後に来ている。

人口87万5000人のキプロスは12日、185人が新たにコロナウイルスに感染したと報告した。これにより累計陽性者数は6646人となった。

5億5000万ユーロのシティー オブ ドリームス・メディテラニアンを開発しているキプロス・カジノズは、以前に3月17日〜6月13日までの3カ月間、4つのサテライトカジノとリマソールの一時的な施設をすべて閉鎖していた。

キプロス・カジノズの運営主体であるICR Cyprusは、メルコが75%、地元企業のCyprus Phassouriが25%を所有している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。