2024年5月22日
online casino

米マサチューセッツ州ゲーム委員会は、同州のカジノとスポーツベッティング企業の4月の総ゲーム収益(GGR)が、1億6000万ドル(約218億円)だったと発表した。前月の3月はGGRが1億5260万ドルでおよそ5%増加した。YOGONETが伝えた

GGRの1億6000万ドルのうち、1億100万ドルは州内の3つのカジノ、「プレインリッジ・パーク・カジノ」、「MGMスプリングフィールド」、「エンコア・ボストン・ハーバー」によるものだ。
残りの収益はスポーツベッティングからで、6つのオンラインスポーツベッティングライセンス保有者とカジノ内の対面ベッティングが5890万ドルを生み出した。
マサチューセッツ州ではスポーツベッティングが最近合法化されたばかりだ。

小売のカジノゲームでは、エンコア・ボストン・ハーバーが6400万ドルのGGRを記録し、首位に立った。その中で2780万ドルがテーブルゲーム、3610万ドルがスロットからだった。
MGMスプリングフィールドは2370万ドルの収益を記録し、530万ドルがテーブルゲーム、1850万ドルがスロットに対応している。
スロット専門の施設であるプレインリッジ・パークは1340万ドルだ。

4月のスポーツベッティングについて詳しく見てみると、月間のハンドル(賭け金)が5億793万ドルだった。運営企業は10.4%の収益を保持し、課税可能なゲーム収益は5890万ドルに達した。収益の大部分、5850万ドルはオンラインで生み出され、小売のスポーツベッティングは収益36万64481ドルにとどまった。

スロット専門のカテゴリー2施設であるプレインリッジ・パーク・カジノは、GGRの49%が課税され、そのうち82%がローカルエイドに、18%が競馬開発基金に支払われる。カテゴリー1のリゾートカジノであるMGMスプリングフィールドとエンコア・ボストンは、GGRの25%が課税され、複数の特定の州基金に割り当てられる。

4月には、これら3つのカジノがゲーム活動から合計で2850万ドルの税金を納めている。
エンコア・ボストン・ハーバーが1600万ドルで首位となった。これまでのところ、連邦政府は各ゲーム施設の開設以来、カジノ運営から約14億ドルの税収入を得ている。

マサチューセッツ州ゲーム委員会はまた、モバイルオペレーターによるスポーツベッティング収益を内訳している。現在、6つのブランド -「バースツール・スポーツブック」、「BetMGM」、「シーザーズ・スポーツブック」、「ドラフトキングス」、「ファンデュエル」、「ウィンベット」 – が、今年3月に市場が開放されて以降、同州でオンラインゲームを提供している。

6つのオペレーターの中で、ドラフトキングスが賭け金2億8380万ドル、収益2830万ドル(約31億円)で首位となった。次いでファンデュエルが賭け金1億7260万ドル、収益2170万ドル、BetMGMが賭け金4290万ドル、収益460万ドルと続く。バースツールは4位(2460万ドル、190万ドル)、ウィンベットは5位(2280万ドル、40万6000ドル)、シーザーズは最下位(1940万ドル、160万ドル)となった。

マサチューセッツ州でのオンラインスポーツベッティングの2ヶ月目は、賭け金がわずかに増え、収益は大きく増加した。
ハンドル(賭け金)は3月の5億6820万ドルから5億7930万ドルへと上昇し、総収益の6030万ドルは前月の4830万ドル(約53億円)から上昇した。