2020年08月14日

マリーナベイ・サンズ、7億円でハイローラーと和解合意

ブルームバーグの報道によると、米国のカジノ大手ラスベガス・サンズが所有・運営するシンガポールの統合型リゾート(IR)のマリーナベイ・サンズは、元ハイローラーが本人の同意なしに口座から他の顧客の口座に910万SGドル(約7億200万円)が振り込まれたと主張していたことをめぐり、和解合意に達した。Inside Asia Gamingが20日伝えた

Wang Xi氏は昨年10月にマリーナベイ・サンズを訴え、2015年10月から12月にかけて行われた22回の送金を経由して、彼のカジノ口座から彼の権限なしに送金されたと主張している資金について追及した。

Wang氏によると、当時マリーナベイ・サンズは、マカオでWang氏が署名した送金を進めるための承認書があるとWang氏に説明したが、その署名は不正にコピー&ペーストされたものであり、資金の受取人は誰も知らないと主張している。

彼はまた、マリーナベイ・サンズから手紙の原本は「守秘義務を理由に」破棄されたと言われたと主張している。訴状によると、マリーナベイ・サンズは「論争のあった取引を行う前に、承認書が実際に原告によって署名されていたかどうかを確認し損ねている」と指摘している。

ブルームバーグの報道によると、マリーナベイ・サンズは現在、法廷外の和解でWang氏の要求に応じており、Wang氏はカジノの方針に従うことを条件にカジノへの復帰を許可されている。

この注目度の高い事件は、反マネーロンダリング規制への違反の可能性を巡って、米国司法省(DOJ)が最近開始した疑惑の調査の中心となっていた。

6月上旬に発表された別のブルームバーグのレポートによると、米国の検察当局は、ジャンケットの使用やカジノクレジットを使用した第三者貸付に関する違反の可能性や、内部告発者への報復があったかどうかを調査しているという。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。