2024年04月24日
gambling addict

マレーシアで違法賭博の掃討作戦、旧正月に904人を逮捕

マレーシア王立警察(PDRM)は、旧正月期間中に違法な賭博行為に関与した疑いのある904人を逮捕した。GAMBLING INSIDERが伝えた

PDRMのDatuk Noorsiah Saaduddin長官によると、違法賭博の取締まり作戦「Op Limau」は、マレーシア全国で旧正月の15日間(1月15日〜29日)に実施された。

また、警察のサイバー犯罪担当は、不正なオンラインゲームや賭け事のアプリケーションを通じて詐欺を働いた容疑でインドの都市ノイダで活動していた8人を逮捕した。

サイバー犯罪警察は、銀行口座の資金を凍結するとともに、193台の携帯電話、21台のノートパソコン、416冊の小切手帳、233枚のデビットカード、21台の販売時点情報管理装置などを押収した。

今回逮捕された犯罪グループは、様々なウェブサイトやソーシャルメディアプラットフォームを通じてオンラインゲームやベッティングアプリケーションを宣伝し、人々がそのプラットフォームを利用してゲームをプレイするのを容易にしていた。お金を集め、他国から活動する詐欺師の監督の下で働いていた。

サイバー犯罪警察は、「複数の取引を行うことで、詐欺師は正当なビジネスを行っているように装い、個人が定期的にお金を受け取っているように見せかけています。お金を正当のものとしているのです。詐欺師がゲームを操作することで参加者に損失を与えており、内輪から勝者を決定しているため、チャンスゲーム(50:50)ではありません。」と指摘した。

シェアする