2020年10月29日

マカオへの訪問者数、今後数週間で改善予想

バーンスタインのアナリストであるヴィタリー・ウマンスキー氏、ティエンジャオ・ユー、ケルシー・ズー氏は、マカオの9月のゲーミング総収入(GGR)は、前年同月比90.0%減の22億1000万マカオパタカ(約292億3000万円)だったが、今後数週間の間に訪問者数は改善すると予想した。Inside Asian Gamingが伝えた

22億1000万マカオパタカは、8月の収入13億3000万マカオパタカと比較して 66%増と、ここ数カ月の改善を示しているが、戸別訪問制度(IVS) ビザの承認が増えていることを背景に、今後数週間でさらに改善されることが期待できる。

バーンスタインのアナリストは「中国でのビザ処理時間は手作業で行われており、完了までに10日以上かかることが多い(時にはそれ以上かかることもある)。中国からの訪問は10月中旬までに上昇し始めるはずだが、ゴールデンウィークは地味になりそうだ。」と述べた。

バーンスタインは、10月については、ビザ承認の増加と流動性の制約の深刻さを待って、前年同期比で約70%の減少となり、より大幅な改善が見られると予測している。

「10月には中国本土全体でビザの発行が開始され、さらなる回復が見られるはずです。ビザ発給のスケジュールが整ったことで、回復の原動力となるのは、旅行や消費に対する顧客の信頼度、香港からマカオへの旅行、大中華圏内での広東/香港/マカオの空港への航空輸送の頻度の増加であると考えています。」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。