2024年5月22日
casino

マカオのカジノ運営SJMホールディングスは、2023年第3四半期の調整後EBITDAが、前四半期比31%増の5億660万香港ドル(約109億円2000万円)だったと発表した。Gambling Insiderが伝えた

香港が厳格なパンデミック制限下にあった2022年第3四半期のEBITDAは9億6800万香港ドルのマイナスであり、そこから劇的に回復した。

23年第3四半期のネットゲーミング収益は54億100万香港ドルで、1年前から492.9%増加した。この数字は2019年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受ける前の7月〜9月に記録された数字の67%だ。

親会社に帰属する損失は、2022年第2四半期の58億6800万香港ドルから4億1000万に縮小した。

SJMホールディングス・リミテッドの会長であるデイジー・ホ氏は、プレスリリースで「2023年第3四半期のSJMホールディングスの結果は、調整後EBITDAの持続的な成長とグランドリスボアパレスの着実な進展を示している。この四半期中、私たちは文化、教育、飲食、スポーツ活動への投資とスポンサーシップを通じて、マカオの経済の多様化を積極的に支援している」と述べた。